S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11話 交換日記 中編


 生後2ヶ月のマナが交換日記にどんなことを書くのかと、わくわくとしながらノートを開いたリュウとキラ。

「えーと、なになに……?」

 と1ページ目に目を落とした。
 そこには、よく見ないと何て書いてあるのか分からないものの、ちゃんと日付と一行の日記が書いてあった。
 
 
 ○○ねん6がつ△△にち

 ドライバーで梨をさした。
 
 
「……………………」

 十数秒に渡る無言の後、リュウの方から口を開いた。
 手で目頭を押さえ、声を詰まらせる。

「見ろよ、キラ……! マナがもう漢字で『梨』と書いている……!」

「そこか、リュウ……」

「『一』とか『二』ならまだしも、『梨』だぜ!? こんな凄まじい画数を生後2ヶ月の娘が……!」

「いや、たしかに凄いとは思うんだがな……?」

「うちの娘は何て天才なんだ!」

「そうかもしれないけどな……?」

「マナ、超俺似!」

「……。日記の内容については何も思わないのか、リュウ」

「何だよ、キラ。ドライバーで梨を刺しちゃいけねえっていうのか!?」

「いや、そうではなくてだな……? その……、私は返事に何て書けば良いのか困るぞ……」

「なら、俺が書く」

 と、いそいそと交換日記のノートのページをめくったリュウ。
 目を丸くして「おおっ」と声を上げた。

「な、なんていうことだ! マナの日記はまだ続いていた……だと……!?」

「……。…そんなに驚くことか?」

「当たり前じゃねーか、キラ! マナはまだ生後2ヶ月で――」

「はいはい」と呆れながらリュウの言葉を遮ったキラ。「で、続きはなんて書いてあるのだ?」

 と、再びノートを覗き込んだ。
 引き続きよく見ないと分からない文字で、そこには一行こう書かれてある。
 
 
 しょうらいパパは、ミラねえちゃんと浮気をすると思われる。
 
 
 それに思わずギクッとしたリュウの一方、キラの顔が引きつった。

「なんだ、この日記は……? おいリュウ、どういうことだ?」

「……あ……あれだな、マナはもう『浮気』だなんて書けちまうんだな! すげーぜっ……!」

「誤魔化すな! ミラとの交換日記を見せてみろ、リュウ!」

 と、リュウとミラの交換日記のノートを奪い取ったキラ。
 『将来はママに秘密で、私と結婚してね』なんて書いているミラに対して、リュウが送っている返事を見てさらに顔を引きつらせた。

「『そうだな、将来はパパとこっそり結婚しような』……だと!? おいリュウ! どういうつもりだ!」

「な、何本気にしてんだよ、おまえ。まだ4歳と幼い娘を振るなんて残酷なことできるわけねえだろ……」

「そうかもしれないが――」

「おっと、見ろよキラ! 次のページにもマナの日記が続いてるぜ!」

 と、話を逸らし、次のページに目を落としたリュウ。
 そこに書かれている文字を見て、眉を寄せた。
 
 
 リンねえちゃんとランねえちゃんがママをみならって、にいちゃん相手に人口呼吸のレンシュウをしていた。
 
 
「……。おい、キラ。これはどういうことだ。まさかおまえ、リン・ランにおまえ流の人口呼吸の仕方を教えたっていうんじゃ……!?」

 と、リュウは思わず冷や汗を掻きそうになりながら、キラとリン・ランの交換日記を取った。
 ノートを開き、『尊敬するキラを見習って昼寝をしているシュウに2秒間に10回の心臓マッサージをし、肺がパンパンになるまで空気を送り込んだ』だなんて内容を書いているリン・ランの日記を見て、顔面蒼白してしまう。

「ばっ……! キラおまえ、自分の蘇生法が間違ってること、まだ分かってねえのかよ!? 下手したら、シュウ死んでたぞこれ!?」

「な、何、そうなのか!?」

「おまえが救いようのないバカだとは重々承知していたが、それでもマジ信じらんねえ……! 改めておまえは桁外れのバカだぜ……!」

 そんなリュウの言葉に、ムッとしたキラ。

「ふ、ふん、おまえこそ信じられないぞリュウ! おまえが三度の飯よりイトナミ大好き男ってことは知っていたが、よりよって娘相手に浮気とは!!」

 と言い返してしまい、

「しっ、してねーじゃねーか浮気!! しかも娘相手って、俺が変態みてーだろうが! 変なこと言ってんじゃねーよ、バカ!!」

 リュウが逆上。
 夫婦喧嘩が勃発。

 屋敷中にお互い怒声を響かせながら3分後、夫婦の寝室にぴりぴりとした空気が溜まり、

 ガシャァァァァァァァンッ!!

 と、窓ガラスが粉砕した。
 
 
 
 
本館『NYAN☆PUNCH!』
スポンサーサイト
第10話 交換日記 前編 | HOME |

Comment

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/04/21 15:11 | | # [ Edit ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/07/08 19:02 | | # [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。