S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8話 合唱。いいえ、合掌です 中編

 葬儀会場の中、キラとミラ、サラ、リン・ラン、それからミーナは、グレルの口元に耳を近づけた。
 それから数分後、グレルの口元から離れ、キラ、ミーナと声を高くする。

「おおーっ、それが良いぞ!」

「うむ、さすがグレル師匠だぞーっ!」

 その足元、サラがうんうんと同意して頷く。

「いいウタだね」

 その傍らではミラが眉を寄せる。

「サラ、きにいったの? おねーちゃんは、ちょっとしぶいと思うわ……」

「しんだのがじーさんだからちょうどいいよ、おねーちゃん」

「えー、でもぉ……」

 とミラが顔を顰めたとき、リュウやシュウ、リンク、レオンが戻ってきた。
 リュウがキラたちを手招きしながら言う。

「葬儀が始まる。こっち来い」

 承諾し、リュウの元へと歩いていったキラ。
 リュウの顔を見上げて言う。

「良いか、リュウ。焼香では、『与○』だぞ、『与○』」

「は?」

 一方、ミーナはリンクに、グレルはレオンに言う。

「良いか、リンク。『与○』だからな、『与○』」

「何の話やねん?」

「いいか、レオン。『与○』だぜ、『与○』!」

「何が?」

 リュウとリンク、レオンが眉を寄せる中、葬儀は開始され。
 僧侶による読経・引導と弔辞・弔電中、キラとミラ、サラ、リン・ラン、ミーナ、グレルは、リンクに教わった通りおとなしくし(すぎて爆睡し)。
 そのあとの焼香の時間になると、気合を入れて立ち上がった。

「よし、頑張るぞ」

 と声を高くしたキラとミーナ、グレルの顔を見回し、リュウとリンク、レオンは再び眉を寄せる。
 一体何を考えているのかと。

「なあ、リンク」

「なんや、リュウ」

「おまえ、ちゃんとキラたちに焼香の仕方教えたよな」

「おう、しっかり教えたで」

「なら大丈夫だよな」

「おう、大丈夫なはずやで」

 だが、3バカ――キラとミーナ、グレルの様子を見ていると、どうも大丈夫な気がしないリュウとリンク、レオン。
 顔を見合わせたあと、リュウがリンクに続いてもう一度3バカに焼香の仕方を説明する。

「いいか。遺族のあとに、俺たちの焼香の番だ。自分の順番が回ってきたら、まず次の人に軽く会釈をしろ。その次は、焼香台の手前で親族に一礼。そして焼香台に進み、遺影を見つめてまた一礼だ。そして―― 」

「分かってるぞ、リュウ」と、キラがリュウの言葉を遮った。「そして、焼香をするのだろう? あの黄な粉を、3本の指でつまんで――」

 ビシッ

 とキラの言葉を遮った、リュウのデコピン。
 キラが「にゃっ」と短く声を上げて額を押さえる傍ら、リュウが溜め息を吐いて続ける。

「黄な粉を焚いてどうすんだ、バカ。葬儀会場が香ばしいじゃねーか。抹香だ、抹香」

「おお、そうだったぞ」

「で、抹香を親指と人差し指、中指で摘んで、目の高さまで捧げ、真ん中に置いてある墨の上に乗せて焼香。いいか、3回だぞ 」

「うむ。で、そのあと数珠を手に、故人や親族に対する思いを込めて『合唱』するのだろう? 」

「そうだ、『合掌』するんだ。そして霊前を向いたまま2、3歩下がって一礼し、遺族・僧侶にも一礼後、自分の席に戻る。いいな? 」

 うんうんと頷いて承諾する3バカ。
 それを見て、良しと安堵したリュウとリンク、レオン。
 でも念のため、リュウが最初に焼香を行って手本を見せることになった。

 順番としては、遺族の焼香のあとに、リュウ一同の焼香。
 遺族が焼香中、3バカは顔を寄せ合ってひそひそと会話する。

「おい、遺族は誰も『合唱』していないぞ。何故なのだ、グレル師匠?」

「ほ、本当だぞ、キラの言うとおりだぞ。何故誰も『合唱』しないのだ、グレル師匠?」

「遺族はひどく悲しんでっからなあ。『合唱』する気になれねーんじゃねーかぁ? ここはオレたちが、心を込めて精一杯『合唱』してやろうぜ♪」

 そんな3バカの小さな話し声を、灰色の猫耳をぴくぴくとさせながら聞いていたレオン。
 焼香している遺族を見ながら、眉を寄せた。

(ちゃんとしてるじゃない、『合掌』……)

 やっぱり何だかおかしい。

 とレオンが思ったとき、遺族の焼香が終わり、リュウの番がやって来た。
 リュウが次に並んでいるキラに「ちゃんと見てろよ」と小声で言いながら軽く会釈し、焼香台の手前まで行って、親族に一礼。
 そのあと焼香台へと進み、遺影を見つめて再び一礼。

 そして、焼香タイム。
 リュウが親指と人差し指、中指で抹香を摘み、焼香する様子を、3バカとミラ、サラ、リン・ランは後方から覗き込むように見つめる。

 そんな姿に、ますますレオンは眉を寄せる。
 おかしい。
 やっぱり、何かがおかしいと。

(何考えてるのか、キラたちに訊いて見よう)

 そう思い、レオンが小声で口を開こうとしたとき。

 リュウの焼香が完了。

 リュウが数珠を手に、目を閉じて『合掌』したその瞬間、

「せーのっ」

 とのグレルの言葉のあとに、

「与○は木ぃぃぃぃを、切るうぅぅぅううぅぅううぅぅううぅぅうぅぅうう♪」

 3バカの『合唱』が、葬儀会場中に響き渡った。
 
 
 
 
本館『NYAN☆PUNCH!』
スポンサーサイト
第7話 合唱。いいえ、合掌です 前編 | HOME | 第9話 合唱。いいえ、合唱です 後編

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。